出逢いサイトは恋のチャンスが豊富!人生楽しんだもの勝ち♪

出逢い系サイトで知り合った相手とメルアド交換をするタイミング

出逢い系サイトで知り合った相手とメルアド交換をするタイミングは実は結構難しいのです。
どんなタイミングで交換すると上手くいくのか紹介したいと思います。

出逢ってすぐに聞き出してはいけない

例えば合コンに参加したら、初対面の相手に対して、メルアド教えてと声をかける人も少なくないでしょう。
メルアドを聞かないと次に出逢える保証はないわけですし、合コンの場合は友達の紹介などある程度相手の身元は分かっている相手です。
そのため合コンの最中に結構会話が弾んだ場合は、メルアドを教えてくれる可能性は高いでしょう。

しかし出逢い系サイトで知り合ってすぐの相手にメルアド教えてというのはNGです。
なぜかというと、出逢い系サイトでお互いによく知らない相手と出逢い系サイト内のサービス機能を利用してやり取りしているわけです。
メルアドは個人情報になるので悪用されたら大変です。そのためよく知らない相手には教えたくないという警戒心が働くのは当然です。

メルアド交換を焦ってはいけない

そのため男性は出逢い系サイトで知り合った相手とメルアド交換をするタイミングを焦ってはいけません。
相手が警戒心を解いてきたなと感じてからメルアド交換をするようにしましょう。
メルアド交換に成功したという事は、相手が自分の事を信用してくれた、出逢えるためのハードルを1つ超える事が出来たと言えるでしょう。

メールの文章力について

あなたは文章を書くのが得意ですか?
メールは苦手だという人もいるかもしれませんが、メールが苦手な人だと出逢い系サイトを攻略するのが難しくなってしまいます。

メールから始める関係性

なぜなら出逢い系サイトはお互いの事をまずメールから知っていくからです。
メールにはその人の性格や考え方がよく反映されます。
そのため内面を知るツールとしてとても有効的なのです。
もちろんメールを書くのが苦手だから、内面の魅力がない人というわけではありません。
しかしメールを書くのが苦手だと内面の魅力をメールでアピール出来ない人という事になり出逢い系サイトでは不利だと言えるでしょう。

下手でも下手なりに

ですが、メールを書くのが苦手だから、出逢い系サイトの出逢いは諦めるべきだと言っているわけではありません。
メールを書くのが苦手なら練習をすればいいのです。
どんな文章なら好感を持ってもらえるのか?
出逢い系サイトではシビアにジャッジされます。
魅力的でないメールに対しては返信がこないからです。つまりメールの返信がくるように努力する事が大切です。
文章を上手く書こうと思わずに、下手でも読みやすい、相手に伝わりやすい文章を心を込めて書くようにしましょう。

ファーストメールの重要性


気になる異性に送る、一通目のメール―所謂ファーストメールは、今後を左右する大きなイベントです。返信がもらえなければ、関係どころか交流も得られませんからね。まずは『返信を貰うこと』に重点を置きましょう。
返信を貰うコツは多々ありますが、下記は特に出逢いのためには重要です。ファーストメール送信前には、必ずチェックを入れましょう。

挨拶はかかさない

「初めまして」でもいいですし、時間帯の挨拶―こんにちは・こんばんは―でも構いません。挨拶の有無でメールの印象はがらりと変わるので、必ず何かしらを入れて下さい。

自己紹介は簡潔に

メールによる自己紹介は、要点だけを簡潔に伝えましょう。だらだらとすべてを伝える必要はありません。相手があなたに興味を抱けば、自ずとプロフィールページを閲覧してくれます。

共通の話題をアピールする

趣味・興味・特技なんでもかまいません。「僕であれば、あなたと共通の話題を楽しめます!(=あなたのプロフィールページを閲覧しました=割と本気です)」というアピールが大切です。
とはいえ、一方的なアピールはNG。「僕は××ですが、(相手)さんはどうですか?」など、返信する隙を残しましょう。

『簡潔』且つ『濃く』

出逢い系サイトを利用する女性が増加中・・・とは聞くものの、やはり男性の利用が圧倒的です。女性を射止めるためには、そうしたライバルを蹴落とさねばなりません。
ライバルを蹴落とすため(=ライバルに蹴落とされないため)の勝負は、ファーストメールから始まっています。至って普通の内容では、返信をもらうどころか開封すらしてもらえません。
ファーストメールの必須条件は下記の通りです。『自分が受け取っても嬉しいメール』を心がけましょう。

本文を要約した『件名


メールを開封してもらえるかどうかは、すべて件名に掛かっています。「こんにちは」―などメール内容が知れない件名では、まず開封してもらえません。メール内容を予想できる件名を設定し、開封を促しましょう。

相手の『何』に惹かれたか伝える

写真画像に惹かれたのであれば、特に惹かれたポイント―体のパーツ―を褒めましょう。もちろんセクハラはNGです。
趣味や特技に惹かれた場合や、共通の何かを持っている場合は、その点をアピールしましょう。
「自分は××が好きですが、(相手)さんは何が好きですか?」といった流れで質問を与えれば、そこから返信を促すことも出来ます。
晴れて返信がもらえたら、セカンドメールを送りましょう。その際もっとも強くアピールすべくは、『ファーストメールへの返信に対する感謝』です。「この人は、私からのメールをこんなにも喜んでくれる」と伝えることが出来れば、長期的なメール交流に発展し出逢いが訪れるでしょう。

デートを連想させない

最終的な目標はデートであれ、ファーストメールでそれを匂わせてはいけません。相手が女性であれば尚のこと、警戒させてしまいます。交流が深まれば、デートは自然と発生します。
ファーストメールもそうですが、メール交換は『誠実さ』が大切です。怪しまれるような言動は避けてください。

デートまでの道のり


出逢い系サイトを利用している男性は、実際に会うこと―デート―を目標としています。それに対し、女性は「暇つぶしが出来れば」「良い人だったら会う“かも”」という姿勢であることが多く、上手く誘い出すにはコツが必要です。

何はともあれ、まずは信頼を獲得しましょう。女性から信頼を得ることが出来れば、一般的な要求は通るようになります。
例えば、出逢い系サイトではお馴染みの『写メ』交換。信頼を獲得してからの要求であれあ、女性は喜々と写メを送ってくれることでしょう。

しかし、信頼がないにも関わらず要求した場合はどうなるでしょう。
写メの要求に、女性は訝しげな表情を浮かべるに違いありません。「私の写メを見て、どうしようっていうんだろう」「どこかに晒されたら、どうしよう」と思うわけです。
この流れは、デートに誘う際も同様のことが言えます。

信頼がないにも関わらず誘えば、女性は真っ先に「セックスが目当てに違いない」と感じます。事実、出逢い系サイトにはそうした男性が多いですからね。純粋な―お茶や食事をメインとした―誘いであろうと、それが女性に伝わることはありません。

女性に信頼されているか確かめる術は多々ありますが、手っ取り早いのは『写メ』です。
女性から写メを送ってくれる関係であれば、十分な信頼を得ていると判断出来ます。逆に「今度でもいい?」なんてとぼけられた場合は要注意です。もっともっと、信頼を獲得する努力をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る